Brent Huffman DirectorIAFORドキュメンタリー映画アワードはここに記念すべき2015年IDFA名誉賞受賞者を発表させて頂きます。

2015年IDFA名誉賞受賞者はブレント・イー・ホフマン氏に決定いたしました。

ホフマン氏はアジアやアフリカ、中東で社会問題を扱ったドキュメンタリーや環境映画を10年以上にわたり制作しています。彼の映画はプライムタイム・エミー賞やジャクソンホール野生動物映像祭最優秀保護映画賞、フレズノ最優秀ドキュメンタリー賞などその他にも様々な賞を受賞しています。彼の数々の素晴らしいドキュメンタリー作品や、幾つかの重要な社会・環境問題についての認知度を世界中で高めようとする彼の努力が今回のIDFA名誉賞受賞につながりました。

監督、制作者、またドキュメンタリーやテレビ番組のシネマトグラファーとして活躍しているホフマン氏の作品はディスカバリーチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネル、NBC、CNN、PBS、アルジャジーラなど数多くのテレビ局で放送されました。さらに彼はサンダンス映画祭開幕に出席し、China Exploration and Research Societyのために民俗映画を制作した経験もあります。

ブレントホフマン氏はノースウェスタン大学のメディル・ジャーナリズムスクールで准教授を務め、ドキュメンタリー制作とその理論を指導しています。

ホフマン氏の最新作である“メス・アイナクの遺跡を救う(原題Saving Mes Aynak)”はカディール・ティモリ博士が、5000年の仏教の歴史を持つアフガニスタンンの考古学遺跡を、中国政府所有の鉱山会社による差し迫った破壊の危機から守るために時間と格闘しながら奮闘する姿を追っています。このドキュメンタリーはその文化保護と経済利益獲得のせめぎ合いを、アフガニスタンの考古学者達とメス・アイナク付近で働き生きる現地の村人たちの視点から検証しています。
彼の数々の輝かしい功績とドキュメンタリー制作への尽力、そしてIDFA名誉賞受賞を称えて、“メス・アイナクの遺跡を救う”は今年10月に神戸で開催されるIAFORドキュメンタリー映画祭で上映されます。

Posted by Shawn Mahler